Online buchen,
live erleben!
| Neukunde? »

最低限度のブラウザ環境と設定

最低必要な環境

最新のブラウザ

公正な表示と機能のため最新のブラウザが必要です。
2014年5月版: Firefox 29, Internet Explorer 11, Opera 21, Safari 7, Chrome 35など
このホームページは上記ブラウザの標準設定のもとでテストされています。

もし表示や機能における支障が生じた場合、下記をお確かめください。

  • ご利用ヴァージョンおよび必要時におけるヴァージョンのアップデート
  • ブラウザの設定 (設定を標準設定にリセット)
  • ファイアーウォールもしくはアンチウィルスソフトウェア(コンテンツ阻害、ブラウザ設定変更)
  • JavaScript の起動 (下記、使用方法参照。)
  • ブラウザ機能拡張によるコンテンツ阻害の可能性(その場合は該当機能を中止してください。)

それでもなお支障がある場合は、他のブラウザをお試しください。
  例: Firefox Portable Edition (インストール不要)

プリント@ホーム:

チケットをPDFファイルで送付されるので、PDFリーダー  (例: Adobe Reader)が必要になります。
表示エラーもしくはセキュリティ-ホールを事前に防ぐため、常に最新ヴァージョンをご使用ください。
www.adobe.com

でダウンロードできます。

一般インフォメーション

ご満足のいただける迅速なチケット購入のために、高速インターネットと製造モデル3年以下のコンピューターをご使用になられることをお勧めいたします。

ソフトウェア(ブラウザ、PDFリーダー等)は常に最新ヴァージョンをご使用ください。
旧式ソフトウェアはカスタマーサポートがなく、従って正しい機能性について多くの場合、保障されていないことにご注意ください。
表示エラーやセキュリティーホールが発生して、悪性のソフトウェアがあなたのコンピューターに侵入する可能性があります。

JavaScript起動への手引き

JavaScriptとはコンテンツをダイナミックに表現したり、ユーザーとの相互活動を簡易化したりするためのウエブ上で使われるスクリプト言語です。

座席一覧を正しく表示するためあるいは、チケットの購入を完了するためにJavaScriptがあなたのブラウザで起動していなくてはなりません。これは標準的インターネット・ブラウザにおいて、日常的に行われています。 当ウェブサイトが万一機能しない、つまり JavaScript が稼動していない場合、あなたのブラウザに該当する手順に従ってください。

座席一覧を呼び出す際に支障が生じた場合は、正しい設定を確定するために次の手順をお試しください。

Internet Explorer ヴァージョン 10および11

メニューバーの“ツール” においてメニューポイント “インターネットオプション”をクリックすると、ダイアログボックスが開きます。  続いて“セキュリティ” タブを選んでください。 “レベルのカスタマイズ”を選ばれると、次のダイアログボックスが開きます。表示されたリストを下へスクロールして、スクリプトの設定表示が表れるまで進んでください。 “有効にする”を選んで、 “OK”でこの設定を保存してください。 このゾーンの安全に関する設定を本当に変更するかどうかという問いに“はい”を選んで確定してください。 “OK”をクリックしてダイアログボックス“インターネットオプション”を閉じてください。

実行した設定をテストするためにキーF5を押して、サイトを再びローディングしてください。

Mozilla Firefox ヴァージョン 24

メニューバーの“ツール”において“オプション”をクリックしてください。ダイアログボックスの上部  “コンテンツ”を選んでください。 “JavaScript を有効にする”をチェックして、“OK”をクリックして設定を保存してください。

実行した設定をテストするためにキーF5を押して、サイトを再びローディングしてください。.

Safari ヴァージョン7

メニューの“Safari”クリックしてメニューポイント“環境設定”を選択してください。表示されるダイアログボックスの上部“セキュリティ”をクリックして、“プラグインを有効にする”と“JAVAScriptを有効にする”にチェックを入れて、セキュリティ・ダイアログボックスを閉じてください。実行した設定をテストするためにキーF5を押して、サイトを再びローディングしてください。

Internet Explorer ヴァージョン6,7,8,9

注意: このInternet Explorerヴァージョン7へのサポートは近日中にマイクロソフトにより終了される、もしくはすでに終了されています。したがいまして、ブラウザのアップデートが必要となります。
もしくは、他のブラウザをご使用ください。