シャウシュピール・ハウス

シャウシュピール・ハウス

20世紀初頭において、ポルツェラン・ガッセ通り(Porzellangasse)19番地の舞台は元来ミュージックホールであり、その後映画館として利用されていました。シャウシュピール・ハウスは1978年5月にハンス・グラッツァーにより開業され、1987年から1990年まではジョージ・タボリによって運営されていました。1991年ハンス・グラッツァー は、2001年までの彼の第二職務期間におきまして、ドイツ語圏における第一級の現代劇場としてシャウシュピール・ハウスの舞台を構えることに成功いたしました。2007年からは、アンドレアス・ベックが芸術指揮を務めております。今日、シャウシュピール・ハウスは現代劇場および現代文学活動の現場であり、古典的意味における「作家劇場」 として知られております。シャウシュピール・ハウスの焦点は、近現代劇文学に注がれています。

コロナウイルスの蔓延を抑えるための措置がとられているため、2020年6月30日までのオーストリア国立ブンデステアターの全公演がキャンセルされます。
また、Kunstforum Wien、Hofmusikkapelle、BERGfrühling、Kulturtag Schloss Pöggstallの6月30日までの全公演がキャンセルとなりました。
フォルクスオーパー・ウィーンのシーズン記者会見は、4月24日に予定されていましたが、追ってお知らせするまで行われません。 ただし、ウィーン国立歌劇場のシーズン記者会見は、4月24日に予定されていました。 は、4月26日にORF IIIのメイン・イブニング・プログラム(20:15)で行われる予定ですが、インターネットでも行われる可能性があります。4月29日からは、20/21シーズンのチケットをオンラインで culturall.com で注文することができます。 すべての劇場の窓口は閉まっています。

カルトゥラルでキャンセルされた公演のチケットを予約された方には、もちろん自動的に払い戻しが行われます。 13.4.までの公演のチケットは全てキャンセルとなりました。これらのキャンセルにつきましては、10.4.までにお客様の口座またはクレジットカードへのチャージバックが完了しております。これまでに14万枚以上のチケットをキャンセルさせていただきました。14.4.から30.6.までの公演のチケットは、遅くとも15.5.までにはキャンセルさせていただく予定です。6月上旬にはチャージバックの手続きが完了する予定です。

日付公演座席 & 価格